無差別ブログ

無差別な世界をつくるために無差別に殴りかかる系ブログ@仙台

KICK THE CAN CREWが復活だー!

無花果です。

なんか知らないうちにKICKTHECANCREWが復活とかいうニュース。

www.youtube.com

アンセム確定。

「千%」、個人的にわーすげーとなってしまいました。アンセム確定。このアンセム感すごくないですか?これちょっとわかりづらければ申し訳ないんですが、こう、分かるでしょ、アンセム初めて聞いた時の感覚。めちゃくちゃ俗っぽい言い方すると「高校生ラップ選手権の決勝でトラック使われそう感」すごくないですか???

いやー、キックってこういう役回りじゃなかったでしょ。違ったでしょ。あくまでキックは商業的に勝っていく、アングラな雰囲気は他に任せる、みたいな感じだったじゃないですか。

JHIPHOPにおけるKICKTHECANCREWは死ぬほど損な立ち位置にあったように思うのです。HIPHOPの門を広く広く開いた存在にも関わらず、色々聞いていくにつれてキック聞いてるヤツってちょっとイケてなくない?みたいになるっていう。

実際キックから離れてのソロ活動はMCUが極端なポップ路線、KREVAはスマートに、LITTLEはアングラ、みたいな感じで、それぞれにより深く掘っていきたい人はソロとか他の人の聞いた方がいいよ、みたいな。とにかくキックは入口だったんですよ。

それが今回キックの名前でこんな曲出されると困っちゃうわけですよ。だってこれ高校生ラップ選手権の決勝でトラック使われそうなんだもん。つまり入口からだいぶ入り込んじゃった人でもこれいいじゃんってなっちゃうんじゃね?っていう。

もちろん時代の変遷もあるんですけど、これ聞いて「HIPHOP使っていっちょ金儲け」とか「芸能系の聞くと勘狂う」とかぜってー言えないじゃないですか(前者はもともとキックに向けたことじゃないですけど)。これ割とすごいことじゃないです?

まぁともかくこの曲は褒めていいしCD買っていいやつには間違いないと思うのです。

 

……どうでも良いけどHIPHOP好きな人たちって戻ってくる系の曲好きっすよね。