無差別ブログ

無差別な世界をつくるために無差別に殴りかかる系ブログ@仙台

僕は友達が

無花果です。

最近はほどよく就活もしつつ、勉強もしつつ、読書もしつつ、アニメも見たり、割と充実している気がする。するのに、何か足りない気がしてならない。

そこで気づいてしまったんです。僕は友達が……。

就活中とはいえもちろん一般的労働者よりは時間があるわけで、これを機にいろんなことにチャレンジしようとやってきたんです。このブログだったりラジオだったり。しかしいかんせん巻き込める人数が少ない。所属コミュが足りない。友達が少ない。

ここのところハマっている遊びがある。フリスビー。ヌートンで記事を読んだから。

nuwton.com

しかしこのフリスビー、死ぬほど楽しいのだけどソロでできないというところが致命的。僕のコミュは以前も書いたけれど、家族、恋人、一緒にラジオやってるカワムラ君だけなのです。

両親は当然やりたがらない。恋人はこの前やらせたら20分で飽きてたしそもそも平日は会えない。さあそうなるとカワムラくんとなるんですがこの有様。

f:id:fe-suzuki1295:20170620153717p:plain

f:id:fe-suzuki1295:20170620153733p:plain

 

自分なりにウィットな感じでフリスビーをお誘いしてるつもりでいたんだけど、これもしかしてウザいのでは?いやウザいなこれ。

以前仲が良かった高い意識の権化みたいなやつが割としつこく誘ってくるタイプだったんですよね。断られたらすぐ次の提示、みたいな。明らかにこっちがそこまでノリ気じゃないけど、あえてその空気を読まずにコミュニケーションをとってくる感じ。

なるほどこれは合理的で、断られる→もう一回誘うを繰り返すことで、むしろ効率的に「誘った回数」を増やしているわけ。自分に興味があると思わせられる。なるほどなぁ~~って感じですよ。

つまり、誘うという行動が重要なのであって、そこに謎のしりとりを入れる必要は皆無ってことですね。反省した。

ともかく、友達が少ない、故に数少ない友達にも負担が大きいという事実。これは早くどこかのコミュに所属しなくっちゃいけない。

は~~、ボランティアし始める学生ってこんな感じが出発点だったりするんですかね。寂しい奴らめ。